女性ホルモンが激変する更年期 

女性ホルモンが激変する更年期

女性ホルモンは、そのほとんどが卵巣から分泌され、

 

女性をより女性らしく保つために、とても役立ちます。

 

 

女性ホルモンの分泌量が、劇的に変化するのが、一生涯に二回。

 

一回目は、10代の思春期と言われるころです。

 

この時期には、卵巣がしだいに成長し、生理も始まり外見も女性らしい

 

身体つきに変化して行きます。この頃は、女性ホルモンが劇的に増加するときです。

 

 

その後、卵巣が成熟するにつれて、生理も安定して女性ホルモンの分泌量も

 

安定して来ます。

 

また、女性ホルモンの分泌量は、20代後半にピークを迎えるといわれています。

 

 

30代を迎えると、女性ホルモンの分泌量は、徐々に減少し始め、

 

40代を迎えるころから、その減少量が増えていきます。

 

 

そして、人生二回目の女性ホルモン分泌量の激変期を迎えます。

 

それが、更年期と呼ばれる時期です。一般的には、45歳ころから55歳ころを指します。

 

更年期の年齢には、個人差がありますので、あくまでも一般的な年齢を記載しています。

 

 

これら減少して行く女性ホルモンのせいで、更年期の辛い症状が現れる要因に

 

なっていますので、この女性ホルモンを補うような、大豆イソフラボンなどを

 

多く摂取するとよいでしょう。

 

具体的には、豆腐やおから、納豆など、大豆を多く摂取するのがおススメです。

 

 

 

しかし、毎日の摂取はとても大変です。そんな時には、サプリメントで補うということが

 

良いでしょう。

 

なかでも、大豆を知り尽くした、醤油メーカーであるキッコーマンから出ている

 

からだ想い基本のサプリがおススメです。

 

キッコーマンからだ想い基本のサプリには、大豆イソフラボンだけでなく、

 

更年期を迎えた女性に必要な、ポリフェノールや葉酸、ビタミンDなどが

 

豊富に含まれていますのでとてもおススメです。