イソフラボンの効率的な摂取方法

大豆イソフラボンの効率的な摂取方法

大豆は、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンが
多く含まれていますが、効率よくイソフラボンを摂取するには
どうしたらよいでしょうか。

 

大豆を摂取した時は、人間の胃の中で消化されて、腸で吸収されます。
腸で吸収されたイソフラボンは、血中に取り込まれ、約8時間後には
半減してしまうと言われています。

 

したがって、イソフラボンは、一日に2回程度の摂取が理想と言えます。

 

つまり、大豆食品を、朝食と夕食で摂取するのが理想と言えるでしょう。
例えば、朝食には、納豆。
夕食には、豆腐や油揚げなどの大豆で作られた食品を食べたらよいでしょう。

 

なお、大豆イソフラボンの摂取したい適量は、1日に75ミリグラムです。

 

ちなみに、納豆1パック40グラムに含まれるイソフラボンの量は
約30ミリグラムです。
豆腐、1/4丁100グラムに含まれるイソフラボンの量は、
約20ミリグラムです。

 

毎日、このくらい’(納豆1パックと豆腐1/4丁)では少し足りませんし、
毎日が、同じものでは、さすがに飽きが来るでしょう。

 

そのような時は、今話題のサプリメントで足りない量を摂取する方法を
おすすめいたします。

 

その時のサプリメントが、キッコーマンからだ想い基本のサプリです。

インターネットでのお申込みはこちら

公式サイトにリンクしております!

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

バナー原稿 468×60 (131017)imp