エストロゲンを補う大豆イソフラボン

エストロゲンを補う大豆イソフラボンのチカラ

更年期障害の症状を緩和するのに役立つのが、大豆です。

 

大豆は、昔から日本人の食生活に深くかかわると共に、
アンチエイジングのための成分を多く含んだ宝の食材であることが判明!

 

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンに近い作用を
持っていることがわかっています。
卵巣機能の低下により、減少した女性ホルモンやエストロゲンを
大豆で補うことが出来ます。

 

この事は、多くの女性が知っており、更年期の女性へのアンケートで
食生活jにおいて、気をつけた事のナンバーワンの項目に
「大豆や大豆を多く含んだ食品を多く摂取するようにした」との
回答が占めました。

 

キッコーマンからだ想い基本のサプリでは、この大豆イソフラボンを
からだに吸収されやすいアグリコンという形でサプリメントに
バランスよく配合することに成功しました。
具体的には、大豆イソフラボンは、通常は糖とアグリコンが一体となっています。
腸内でからだに吸収されるときには、糖とアグリコンが分解されて吸収されますが
腸内の環境が悪いときには、この分解が上手く行かず、吸収しづらくなります。

 

大豆イソフラボンを知り尽くした、キッコーマンという会社は、ここに着目。
大豆イソフラボンを、初めから糖とアグリコンに分解して、サプリメントにからだ
入れることに成功!。
このことにより、加齢や体調不良で、腸内環境が悪化していても
アグリコンが効率よく腸で吸収される
ようになりました。