エストロゲンが与えるからだの変化

エストロゲンと更年期障害

女性の卵巣の働きは、30歳代後半から次第に衰え始め40歳を過ぎると
急激に衰えます。

 

そうなると、卵巣から分泌される女性ホルモンのなかのエストロゲンの量が
減少します。そうなると、脳から卵巣に女性ホルモンの排出指令が出ます。
通常は、その指令に基づき、エストロゲンを含んだ女性ホルモンを分泌されて
脳がそれをキャッチし、正常状態と判定しますが、更年期になり
卵巣の働きが低下衰退してくると状況は異なります。

 

エストロゲンを出せと指令されても、実際に女性ホルモンの中のエストロゲンが
出せないと、脳はさらに、出せだせと指令を送り続けます。

 

この、脳の指令と実際のエストロゲンを含む、女性ホルモンが出せない(出ない)
状態の差が、更年期と呼ばれる時期に発生する、さまざまな不調の原因と言えます。

 

この結果、脳がパニック状態になり、当然のことながら自立神経系統も
混乱して、更年期障害といわれる、いろいろな障害が発生します。
具体的な症状はこちらです。